2010年 5月 31日
果樹部門の作業が忙しくなり、3月から春作胡瓜の収穫を始め、
冬中 小松菜、青梗菜、苺が植わってたハウスで、最後の一稼ぎトウモロコシを育てて
4月には田植えも済ませた超多忙な毎日なのに
昨年11月から収穫を始めたミニトマト、まだ採っています

またここへ来て しこたま採れ始めました もう手入れもしないのでジャングルになってます
枝を掻き分け 陽も差さぬ鳥も通わぬところは 匍匐前進で採り

親指と人差し指で ぷちっ とむしり取ります
だからプチトマトなのかも知れません んな訳はありませんがしかし
「何万ぷち」
なのか今日は数えたものの 1024ぷち あたりで 「もうだめだ」 と思いました
う〜んもうちょっと行けるつもりだったのだけどな。


2010年 5月 30日
例年なら農繁期のはずなのですが

低温の為 植物の成長が著しく遅れており、作業が追いついてしまってます
いや これではいけない。 今は楽でも、結局後にズレ込むだけじゃないか。

とはいえ 天候には勝てません。 伸びろったって伸びないんだもん。
伸びないと出来ない、伸びたら適期五日間ほどの作業が目白押しなのに。
 今呑気にしてると 後々ひどい目に遭うのだけどなぁ。
解っていてもなんともできないこの歯がゆさ。

明日は田の畦と露地カボスの草を切って
無加温ハウス葡萄の誘引をして、加温ハウス葡萄の摘粒をして
夕方は雨よけ葡萄のジベ処理をしよう。
ちいさなことからコツコツと。

片付けて行けば後で困らなくて済む。 はず。 む〜ん。


2010年 5月 29日
末っ子長男が希望している「県立農業大学校」の資料が届きました
学費、入学金ともに安心価格の お手ごろ金額  う〜む 助かります

だが これで日本の食を支える人間が育っているのか。
人材育成は 投資金額の多少に関わるものではないと解っていますが。 しかし。

人間は厳しく育てたほうがいいぞなもし。



2010年 5月 28日

今日の夕食はなんと「すき焼き」  だって寒いんだもん  米も、玉蜀黍も生育が進みません。
自宅前の無人販売所、 苺のある間は絶好調でしたが、 ミニトマトと胡瓜のみになってから売り上げ落ちてました
それが玉蜀黍を売り出して 調子が戻ってたのですが
この低温続きのため 時差植えした後半の玉蜀黍の熟度が追いつかないので
しばらく玉蜀黍収穫お休みのお知らせを掲げる羽目になりました

ちきしょう 無人販売と言えど 通年で 「売れ筋 目玉」の商品がなければいけないのに。
改善の余地ありです。 来年から 時差植えの前半は多めに種蒔こう。


2010年 5月 27日

さささ さむい  もう六月が近いと言うのにこの寒さは何なのだ
今年は冷夏との長期予報が出てます
う〜ん 農作物も ありきたりではいかんなぁ。 対策考えんと。


2010年 5月 26日
一日二食 間食は一切無し、の生活を もう五年来続けています
なのに増え続ける腹の脂身はさておいて  夕方になると空腹を感じます

今日は16時頃に 「今日の夕飯は豚肉のソテーです、豚肉焼きます」
17時には 「お腹へった 今日の夕飯は“肉”!!」
18時に 「肉が足りるでしょうか 森岡君(末っ子長男のこと)は部活の後で空腹なのにね」
19時に 「もうそろそろ夕飯支度したいので 先に仕事やめます 肉焼かなきゃ」

「肉」と何度も言ったため、私の呼び名は 「ティラノサウルス」に決まりました
なんて家族だ。

いいよ、「ティラノりこ」で。    ♯名前が範子(のりこ)



2010年 5月 25日
やっぱりStingは亡くなってませんでした 当然といえば当然ですけども。

スイートコーンの収穫が始まりました 青梗菜と小松菜を ハウスで3連作した後、
せっかく被覆してるのに ただ片付けるのも面白くないので 正月頃から苗作って
二月からぼつぼつ時差植えして、今やっと収穫です

たかが3000株ほどなので、七月初旬には採り終えます
これ以上手間ヒマとってくれると、果樹に重大な悪影響が出る。
今、果樹部門ではハウス桃が収穫直前、雨よけ桃が袋かけ
ハウス葡萄の誘引摘粒、雨よけ葡萄の花穂の切り込み、ジベ処理
ハウスカボスも肥大期、露地カボスも実どまり決定期
クソ忙しいことこの上ありません まだミニトマトと胡瓜のハウスも生きてるので収穫続けてるし。

とりあえず隙間を埋めて、どうにかして端境に潜り込んで、とにかく利益率を上げるために無駄を徹底して省いて
好条件は貪り尽くして やっと 新興農家の我が家は 四半世紀潰れずに済んできました。

リストラされたから「農業でも」って言う人たち、甘く見るんじゃないよ。
植物は 人間より言うこと聞かないんだから。なにが欲しいとか絶対言わないんだから。
万が一 完璧にお世話して、すばらしい出来でも、台風一過無一文の年もあるんだからね。

農業に興味を持つ若者が多いとかって、あまりマスコミも騒がないで欲しいと思います
甘い考えで就農した 「家屋敷取られ隊」 たくさん見てきましたからね。
破産させたいのか?と 疑うときもあったくらいだ。

なんのかんの言って他人に関わるヒマぁ無いなと思います。
自分が生きて子供を養って、生業を存続していくだけで精一杯。
で、それが出来てからで無いと モノ言えねぇなとも感じる今日この頃です。

な〜んか、厳しいなぁ。厳しいの大嫌いだ。
私は 「人に優しく自分に甘く」 生きると決めてるのに。



2010年 5月 22日
今日はstingの名曲を。

The Policeが アイドルバンドだと未だにお思いの方、お願いですから 見識改めてください。
たしかに「どぅどぅどぅ で だぁだぁだぁ」を
  日本語で歌ってた頃は なにやってんだと憤懣やる方なかったですが
あの頃は日本語で歌うの流行ってましたからね
Queenの「手をとりあって」なんて 絶対おかしいよ普通に聴けば。
あの頃はこんなのが売れたんだなぁ。

しかしThe Policeのドラマー、スチュアート=コープランドはほんまに阿呆ですね。
彼の「リズマティスト」なんてアルバムは、打楽器人にとっては垂涎ものというか 魂に訴えてくる作品で
ドラマーとしても私は大好きなのですが
The PoliceのPVだとか下手すりゃライブでも 半パンはいた ただの馬面のバカに見えます。

ギターの アンディ=サマーズも 矢鱈巧い。 なのに個性ぶちかましの他の2人のメンバーに比べて
常に控えめ かつ 肝心なところは〆ていらっしゃるようにお見受けします
他の2人より十歳ばかり年上だからかも知れませんが。

なぜかstingを思い出して、今日一日頭から離れなかったのです
明日彼が死んでたら、虫の知らせだったと嘆くんだろうな、たぶん死んでないと思うけど。

京極夏彦の新作、iPadで配信されてるそうですね 題名でやられちゃいました「死ねばいいのに」
私の口癖じゃないの。 後向いてこそっと言う口癖だけど。
絶対読む。 たぶん紙で。




2010年  5月 21日
梟の啼き声を聞きました 「ほぅほぅ、ほう」と裏山で啼いています
あぁこれが梟なのか、これなら夜中に何度も聞こえる 意識してないだけで、そう珍しいものでもないなぁ。

英語圏では 夜道を歩いてると
 「Who Who」と聞え
「誰だ?誰だ、誰だ?」と問われてるようで かなり怖いそうです

山に行けばいろんな音が聞こえます
竹やぶに入ると、竹を硬いもので殴ったような 「カンッ!」と言う音が 鮮明に聞えます
それもかなりの頻度で聞こえます。 私は全然気にしてなかったのですが、
近辺では「セコの仕業」と言い伝えられてるそうで そんなところに一人で行くなと近所のおばちゃんに注意されました。

セコはどうやら河童らしいです。 山に居るのがセコ、水に棲むのが河童だそうで。
おかしいな 九州では「ひょうすべ」と言われてる筈なんだがな 関西では「がたろ」だし ぶつぶつ…

柳田翁と折口先生の著書を、も一度読み返してみます、はい。

とりあえず 怪奇現象なるものも、鈍感な人間にとっては「あぁ鳴ってるな あぁ啼いてるな あぁ見えたな」

で済んでしまうのだなと思った夕暮れ時でした

ウソついたり 裏切ったり、都合よく喋る人間の方が、よっぽど怖いよ。


2010年 5月 20日
隣県で 口蹄疫が蔓延してます  好きでなければ続けられない仕事ですから、
今までの仕事が無に帰する畜産農家の無念さは察するに余りあるというか
大分方言で言うところの「ずつねぇ」「惜しなぎぃ」

しかし 手厚い保護受けられそうだな、と感じます
金額だけで言えば同じくらいの損益を背負っても、補償してもらえなかった農家って ごまんと居ます。
宮崎県農政、初動で遅れはとっているものの、そこそこ頑張ってるじゃんと感じます

とは言え 今回の口蹄疫禍で、牛を飼う、豚を飼う事を断念する農家が 出るんじゃないかと思います。
サラリーマンなら 何ヶ月無収入で生活できますか? 
殺処分して何ヶ月か後まで「家畜の空白地帯」にして、新たに牛や豚を飼うには、資金が足りない農家もあるのです。

台風、季節外れの寒波、日照りによる旱魃、例年にない長雨、 毎年、予想できない お天道様の気まぐれに付き合いつつ
我が家は 無収入でも食べていける月数を増やす努力をしてます
それが、百姓だから。 自分の食べるものを自分で、出来るだけ賄いたい。
全てできる筈はありませんが 完全自給自足に近づきたいと思うので
去年あたりから ぶどう畑の下で羊を飼おうかと目論んでいます

野菜 米 果物が 自前で調達出来るようになって来たので あとは肉かなぁと。
魚は釣って来る、調理する、加工保存する、の段階を毎日繰り返すので 調理加工に徹する人間が要る
とんでもない私は畑仕事やめないぞ

肉なら飼っとく 落とす 食べるのスパンが長いので
謝肉祭気分で 一日犠牲にして(畑仕事ほったらかして) 一年の肉を確保するのもいいかなと。

末っ子長男が とうとう農業を継ぐと断言しちゃいました
そう言えば 小学校高学年から 「米は一生作り続けるぞ」と 言い続けていましたっけ
いいなぁ とにかく米さえあれば食うに困らんという発想。

でも肉も要るぞ。サフォーク飼おうゃ、サフォーク。
♯ うちの愛犬は亭主に「ぉぃ、非常食」と呼ばれていそいそと駆け寄る


2010年 5月 16日
たまには クラシックもいいのではないでしょうか   ハチャトゥリアン のバレエ音楽「ガイーヌ」より。 
一曲目の「バラの娘たちの踊り」も なかなか演奏し甲斐のある曲でしたが 二曲目の難しさといったら。
西本智美指揮では、とてもじゃないが私は演奏できない速さだったので、こちらを
二曲目「レスギンカ」は 私が演奏した事のある鍵盤打楽器中 三本の指に入る難曲です。

一位はもちろん「熊蜂の飛行」 残念ながら鍵盤プレイヤー最盛期だった高校生の頃も、叩けませんでした

二位がグラズノフのバレエ音楽「四季」中「秋」より 第二楽章(だったと思う) 小アダージョ。
ハープの楽譜を鉄琴(ビブラフォン)でやれって、そりゃ無理でしょうとおもったけど、 半月で完成に近づく事ができました
ただ、完成前に本番を終えて、もういぃや、って・・・結局完璧には叩けないままです。

三位が この「レスギンカ」  youtybeで探し当てたこの動画、全体の出来はそうでもないけど、この肥えた娘、巧いなぁ。 
他の娘も そこそこ腕は良いのですが、音量と音の弾け具合がダントツです。すばらしい。 
この曲は、私も中学の時に演ったので、どれだけ練習したか どれだけ一曲の間 集中力保ったか、 すごく解ります。
結局自分も出来たものでないと、大変さって、ほんとには理解できないんだよな、と思ったのでした
ひさしぶりに気持ちいいです。 たまには真面目に楽器叩いてみようという気になりました。
楽団の練習日になると萎えてしまってまた休むのかも知れないけど。



2010年 5月 15日
自分で書いたものに酔ってしまうことがあります 昨日の日記のせいで 憂歌団聴きすぎました
寝たのは今朝でした 。「早く寝ようよ」を無視され続けた犬は 拗ねてました

もいっちょ行こう憂歌団で 「ざ エン歌」
完全に、調子に乗ってるよな、わたし。


2010年 5月 14日
とっても素直に感動したいときは、
矢野顕子のピアノ、Charや内田勘太郎のギター、スチュワート コープランドのドラム、木村充揮の歌を聴きます。
このみなさんでバンド作ってくだされば良いのだけど。
バックコーラスは山下達郎か 小田和正 大貫妙子もいいな
すっごく高価なチケットになるでしょう 完全に妄想ですけど

・・・・妄想でも 木村充揮は メンバーから 外しましょうかね・・・・


あっちゃんの名曲だぜ!行くぜ!ついてこいっ!



2010年 5月 13日
いそがしいです  あれもこれも、とパニックになるのが凄くイヤなので
とりあえず山積みの仕事に対して 亭主と2人、優先順位は決める話し合いをしました
夫婦2人の零細企業なので、合意が大切です。
あとは 小さいことからこつこつと。

五木寛之の「親鸞」が上巻のみ、ネット公開されてるそうなので読みたいのですが。
一ヶ月限定との事なので、そのうちには。 きっと。


2010年 5月 12日

ぃゃぃゃ行ってみるモンです 所属してる吹奏楽団の週一の練習日。
各市町村に必ず一つずつあるけど 役に立ってるのかどうだか怪しい「文化会館」に集うのですが
練習終わって外に出たら 白いラブラドールレトリバーに出逢いました  白って珍しいですよ

ベッキーと白ラブの仔犬がCMに出てますけど、(ラブちゃん眼鏡かけさせられて)
白ラブの実物は初めて見ました

チョコラブと黒ラブの交配で生まれて、三匹がイエロー、一匹がブラック、一匹がその「さくらちゃん」だそうで、真っ白なのです
睫毛は金髪、細面ですらりと足が長く、人懐っこいのはラブラドールなら当然ですが
一歳にもならないのに 知らんオバハン(私)の言葉を理解しようと 努力してる お利口さんぶりが
なんとも素敵だったので たっぷりジャレて再会を約束してきました

帰宅して亭主に「黒とチョコの子供が白って、ねー、不思議、びっくりしたけど美人でさ」
などというと「アルビノやろ」と一言返されて なんだか がっかりです

飼い主は たこ踊りやってる 腰パン ロン毛男 ひじき睫毛女でした
あの人種と話す機会があるとは思わなんだが 犬が仲人なので、まぁいっか。 


2010年 5月 11日
昨日 なまじトーキングヘッズなどと字面で書いたばっかりに
聞きたくなっていっぱい検索して聞いてたら12日になってしまいました

デヴィット バーンも好きですが トーキングヘッズから派生した Tom Tom Clubはもっと好きなので
今日のお薦めは 彼らのGenius of Love


2010年 5月 10日
朝から雨が降ったので 要曇天作業を一気に片付けました
明日から残業が少なくて済みます

ジョジョは読み進めていますが、登場人物の名前で楽しむ以外は全て読み流しっぽくなってきました
つくづくこの作者は登場人物の名づけで楽してるなと思います
どのミュージャンも 我がの芸名は 「一生付き合っていく名前」と精一杯考えてつけてるわけで
どこかしら訴えるモノが無い筈がないのを
 かる〜く拝借して使ってるんだ卑怯だなと思います。

まぁとにかくセックスピストルズとクラフトワークが出ました
キングクリムゾンやクラッシュ、トーキングヘッズなども おいおい出るようです。
ほんと、もうこれしか楽しみ処なくなってきました

はるか昔にはワムも出てたので バックコーラスやってた D C Reeが一番美人で歌が上手かった頃の
Heavens Above
 を久しぶりに聞きました ワムではないですけど。 
ぃゃ〜・・・・ やはり The Style Council いいです。 やめられまへん。



2010年 5月 9日
夕方 気温が下がってから しなくてはならない作業が たてこんできたので 連日19:00までの残業です
今日は曇天だったので早く日が暮れ、手元が見えなくなったので早めにあがりました

末っ子長男に 「ジョジョの奇妙な冒険」の第五部を 計十冊 いきなり貸し出されました
予想だにしなかった 大盤振る舞いです。  いままでも全て借りて読んでるけど…
でも この漫画 実は あまり好きじゃなぃんだょな と言ったら傷つくかな


2010年 5月 8日
連休は娘が帰ってたりまた行ったり、仕事も農繁期で休むこともできず なんちゃ〜なく 過ぎました
だからぁ、たった五日しか休みがないのにぃ、無理して帰省しなくてもいいよぉ、との母の弁を無視して
帰りたい娘と帰らせたい父親が心情の一致をみたようです。
勝手にやっとくれ 私の雑用と出費は増えるんだけどさ。
癪に障るので、夕食の拵えはほとんど任せて、文句ばかりつけてやりましたハハハ

雨や低温続きで 抑制されていた植物が、待ってましたとばかりに成長を続けています 伸びて行く分こちとら忙しくなる
でも この季節の 弾けるような溢れだすようなの芽吹きの力強さは大好き。すばらしい季節です。

この季節には矢野顕子の
「Green Fields」
曲も歌詞も、ぐんぐん拡がって迫ってきて、自分の奥底の一番ヤバいところを鷲掴み。
私が長年のファンだから、ですが。


2010年 5月 7日
勝間和代vsひろゆきの対談を 末っ子長男が見せてくれました

つまんねぇ。 埒もねぇや、ってのは こういうことを言うんだなゃ。
結局 お二方とも 言ってることの底辺は一緒だ

相手の揚げ足ばっかとってねぇで、何かひとつ作ってみろゃ。 売れるモン、実際に形作ってみろゃ
食べて旨いモン、見て綺麗なモン、聞いて楽しいモン、使って便利なモン
そこに存在する形を 自分で作って 誰かを唸らせてみろゃ。

あんたたち、幾許かの“世界”は造ったかも知れんけども、“社会“は作ってねぇどころか、貢献もしてねぇぞ。
舌先三寸 虚を重ねて 何かを左右に動かすだけで 「私はこれだけ稼ぎました」 っても
誰も敬服しない平伏しない むしろ馬鹿にされるの 早いこと解ったが利口だ。



2010年 4月の日記はこちら