近況なわたし  

2010/12/4
ドストエフスキーの「悪霊」を読んでいます 既に2回目の読み返しなのですが。
やっぱり さっぱり。

いや一読目よりは解る、それなりにロシア史についてちらちら見聞きして
(この場合の「見聞き」は ぐーぐるだったり うぃきぺでぃあだったりします)
それから読めばいくらか背景は解る。 
しかし、登場人物たちの、饒舌というか冗舌というか 長広舌と言うか 意味のない もってまわったお喋りは やめてくれぃ。
上流社交界では(今でもそんなものがあるとすれば、そこに居るために鎬を削る人が居るとすれば)
問題の本質が すっかり空に行ってしまう いや こりゃ彼岸まで行ってゃしないかと思うくらい
奥歯に物を挟んで喋ってるもんで、私のような直情径行の人間には とても解りゃしません

もちろん話の筋も不明 だって「」で括られる会話文によって 成り立ってる頁が多いんだもん

小説を読むときって、作中人物の人生 または人生の中の一時期や一瞬を 共に生きてるような気になってます
昔から読書は好きで、ずっとそんな読み方をしてきました  感情移入が激しいタイプなんでしょうね

だから 登場人物の誰かの、「」内に共感できなければ そこで その本は終わってしまうのです


ぃぇぃぇ、 だから二読目はわりと解るってば。 流れくらいは。 
でも、 あの人はこう思って ああ言ったのね、って理解できる範囲内に居るのって
ワルワーラ夫人と マヴリーキー、アレクセイ=エルゴーイチのみ、
ぎりぎりでシャートフに、せめて好意は持てる…かなぁ。

シャートフの妹、ワルワーラ夫人の養女である ダーリヤは、
「ミス・地味」と言って差し支えはないですが 素晴らしい女性だと思います。
キリーロフも理想の男性すぎて話にならないくらいですが
この2人がもし家庭を持ったら、絶対その子供には生まれたかありませんね
少なくとも 家ん中は 陰気に違いない。

理想の男女が結ばれたところですなわち理想の家庭ではないのだなぁ

「スタヴローギンの告白」は良い章でした。 彼は出来すぎ君なのだね。



2010/9/21
すでに日記ではなく月記になってしまった 8月は何も書きませんでした 
と言うか毎年8月は仕事しかしてないので何も書けません。

亭主の子供の頃の夏休みの日記
1日目 「今日は○○をしました」
2日目「今日は書くことがありませんでした」
3日目「今日 書く 無し」

夫婦は割れ鍋に綴じ蓋です。

今年の果樹部門も終わり、お米売りながら 野菜部門に突入です。
白菜きゃべつレタスに葱 人参大根かぶら、種蒔きと苗植えに追われつつ
ハウスを片付けて準備して ミニトマトに胡瓜に苺 小松菜青梗菜。

未だ残暑去らぬ毎日、頑張れわたし。


2010/9/22
そろそろ11/7の、所属楽団のコンサートに向けて練習しなければ、と思っております
今日も練習に行ってみて、私の農繁期休暇の間に 
他団員が既に手の届かない遠いところへ行ってるのにびっくりしました

でも 楽譜浚うのもイマイチ不熱心ですし まぁ浚ったところで譜読みが苦手なので
めきめきと上達するわけでも無く。
要するに、仕事以外のモノに あまり打ち込む気になれないのです

自営業で四半世紀、仕事以外の場所では「ただ、居るだけ」だったり
「居ても居なくても差し支えないヤツ」だったりします。

負け惜しみと思われることが多いんですが、ほんとに、
こういう状態 気楽で楽しいです

認められたいとか思わないのが駄目なんだろぅなぁ。 ま、いいや。


2010/9/23
ドラマ化されてた「仁」って漫画を 面白く読み進めてます


20世紀からタイムスリップした医者が 江戸時代に開業医として生きて行く話なので
当然ではありますが
 主人公の周囲にけが人や病人の多いこと

「名探偵コナン」なんかは 小学生の分際で 毎週身近に殺人事件が起こるのですが
あれ見てると警察や探偵にゃなりたかないと思います
「仁」読んでると医者や看護士にもなりたかないです。

お彼岸なので墓掃除をしました 墓地で長女の同級生の母親に逢って
四方山話をしている間に、亭主と末っ子の2人で掃除は済んでましたすみません。


2010/9/24

金曜日は末っ子が祖母方に泊まりに行くので なんとなくのんびりしています
晩拵えも夫婦2人分なので少ないし 明朝の弁当作りもない。

堀辰雄の「美しい村 風立ちぬ」を読みました
普段は青空文庫で横書きのHTMLファイルを読むだけで
縦書きの、目にも美しい文字の羅列をゆっくり読むというのも、普段できない贅沢です。

文字そのものが、頁内で うねっているような、
泉鏡花、樋口一葉なんかを 長時間かけて読みたいものです

2010/9/25
土曜だ、土曜だ、明日は日曜だ 世間は休みだ私は仕事だ
休みというものがなくなって何年になるかしら
ついでに 休みたいと思っていたのは何年前かしら
休むどころか、暇作って家庭菜園したいと思いはじめて何年になるかしら
農業ってヤバいよなぁ。 虜になる。



2010/9/26



7月の日記はこちら