愛犬のページ(^_^;)

子犬がやってきたのは 2000年の4月
「パグの雑種とゴールデンレトリバーの雑種の間に生まれた雑種」
って言うお触れ書きですから、正真正銘のの純然たる雑種です
最初は「ざつ(雑種の『雑』)」って言う名前にしようかとも思ったのですが
あまりにもかわいそうなので、可愛い子につける呼称
「○○ちゃん」の「ちゃん」を名前にしました
「雑」なんだから…せめて芸は覚えた方が良い
ちっちゃいうちから 父が「お手」を教え込む
素直に「お手」
父の腕時計と比べてみる
文字盤ほどの大きさしかない顔
野外でタケノコを茹でたら 
鍋の下にもぐりこんで「ススだらけ」になる
次女に発見されて怒られ ちょっと反省の態
眠るときも誰かそばに居て欲しいのに、牛乳を飲ませてくれ、抱っこして仕事に連れて行ってくれる母は忙しい
しかたがないか…末っ子で辛抱しておこう…
末っ子の寝相が悪化してくると
わたしゃつぶされかねないんだわ
だんだん上へ上へと逃れる]






そうなのよ、
最初は腕枕もしてくれるのよ、
だけどね
お互い熟睡すると こんな風になるの。

わたし一人の時で寝なきゃならない時は、こんな格好もしましたさ。
一緒に育ってきた兄弟を欲しいと言う人が現れました でも今すぐは引き取れないんだって。
母ったら、「あ、いいですよ、うちで預かっておきます」なんて簡単に引き受けてゃんの。
何日か前まで 一緒に暮らしてた兄弟だけど、ここは僕の家だ。僕の方が位は上なんだ。
で、壮絶なバトルが始まったのであります。
子犬2匹も家に置いておけるなんて、
なんて幸せ。
一番可愛い頃に育てる事が出来るなんて、
なんて幸せ。

と思ったのが間違いでした
朝から晩まで喧嘩ばかりなんだもん。
どっちもかわいそうな思いをさせました

子供は
「後から預かった方がふわふわして可愛い」
なんて言い出すし(^_^;)
母談
ちっちゃいくせに気が強い「ちゃん」
大きいのに、後からもらわれてきた弱みで
反撃できないかわいそうなおにいちゃん。
しかし人間が居ないところでは
結構仲良かったりする。

←兄ちゃんが何か見つけた!
そばに行って覗き込む「ちゃん」

仕事に行くときは母のセーターを床に置いて行く→
すると必ず そのセーターにくっついて
2匹が仲良く眠っている
ねぇ、ずっとそうやって仲良くしててよ。
なんのかんの言いつつ、1週間ほど経って、無事おにいちゃんは 新しいおうちにもらわれて行きました
 おにいちゃんを抱っこして、ちゃんと記念撮影したのですよん♪
生まれて一ヶ月、ちゃんは犬小屋を作ってもらって
外で暮らすことになりました
「ほら、おうちに入ってごらん」

母は努力したんですが、ちゃんは嫌がってたなぁ。

この小屋、入り口まわりのベニヤ板を ぜ〜んぶかじってしまって
骨組みだけになってます。
ま、雨露しのげれば、それでいいか。
いかが?たとえ雑種でも、エサばっかり食べて番犬にならなくても、犬って可愛いでしょ♪